住宅会社選びで大事なこと、気密測定って必要なの?

こんにちは!小田原で注文住宅を建てるなら、R+house小田原西店/中川工務店のスタッフブログです。

以前の記事『住宅会社選びで大事なこと、『床下』にも注目!』に続き、住宅会社選びで大事なことのお話をしたいと思います。今日注目するのは『気密測定』のこと。そもそも家の気密性ってなんでしょう?

■気密測定はなぜ大事?
快適かつ省エネな住宅をつくるためには『断熱性』と『換気性能』、そして『気密性』が全て揃ってはじめて、それぞれのメリットが最大限に発揮できるんです。逆にどれが一つでも欠けてしまうと、せっかくの機能が万全に発揮できません。『断熱性』は外気から家を守り、『気密性』は家の中の温度を保ち、『換気性能』は家の中の空気を循環させます。
気密性が高いことによって得られるメリットは他にも…

・家中の空気が効率よく循環するので、空気がいつもきれい。
・熱交換も効率よく行うことができるので、節電になる。
・暖房をつけているのに床が冷たい、といったコールドドラフトや内部結露を防ぐ。
・結露が起きにくいことで、木材の劣化を防ぐ。

これだけメリットがあると、気密性の重要性がおわかりいただけると思います。気密がとれている=隙間が少ないということ。気密測定ではその隙間がどれくらい開いてるかが数字でわかってしまうんです!これは施工した工事人さんの腕によって変わるため、お家ごとに変わります。例えモデルハウスで良い数値が出ていても、実際暮らすお家は隙間だらけだった!なんてことがないように、お家を作ったら気密測定は必ずやりましょう!

■気密測定ってどんな検査?
気密検査は第三者機関が測定します。下記は測定の簡単な流れです。

1:窓のひとつに写真のバズーカ砲のような機械(住宅気密測定器)を設置。窓から室内の空気を外へ強力送風で排出することで、外部と内部の気圧差から気密性を測定します。

2:機械の画面と、レシートのように紙が出てきて数字がわかります。測定完了です。

この数字を確認しながら、隙間がありそうな箇所を修正していき、数字が目標値である0.4に限りなく近づくように何度も測定と修正を繰り返します。こうすることで気密性の高い家が出来上がります。

気密測定に興味を持ったみなさん、今度の構造見学会にて、その気密測定の様子を見学することができます!当社の目標値が本当に達成できてるのか、気になる方はぜひご参加ください!

構造見学会
開催日時:
2020年6月6日(土)・7日(日)
10:00-16:00 1時間1組予約交代制
申し込みフォーム

★店舗情報
R+house 小田原西店
〒258-0029
神奈川県足柄上郡みなみ5丁目5-1
営業時間:10:00~18:00(木・祝日定休日)
TEL:0465(43)7770
FAX:0465(43)7676
Mail:info@r-plus-odn.com

One Reply to “住宅会社選びで大事なこと、気密測定って必要なの?”

コメントは受け付けていません。