第4回 寄り道ができるお家~パネル~

本日は、断熱パネルの施工現場に行ってきました。

R+houseでは、断熱性と気密性を高めるために、

R+houseオリジナルのR+パネルを採用しています。

R+パネルは、硬質ウレタンを使用しており、熱伝導率は0.024w/m・kと

高い断熱性能を持つ断熱パネルです。

断熱性能を示す指標のUA値は、理論上の数値です。

実際にその数値を出すには、隙間なく施工することが重要となります。

気密性を示す指標として、C値(隙間相当面積)がります。

気密性を高めることにより、サッシなどの表面結露だけでなく、

壁内の結露を防止することができます。

パネルや金物にしっかりとウレタンやコーキング処理をすることで、

家の隙間を減らすことができます。

また、断熱・気密性以外にもパネルを使用していることで、

耐震性が高い住宅になります。

久野モデルの構造見学会を開催いたします。

参加希望の方は、下記のバナー先又は、電話・メールにてご応募ください。

【開催日時】10/6(土)・10/7(日)
AM:10:00~PM:16:00
今しか見えない、R+houseの高機能高断熱の秘密、そして、バリューコストで建てられる秘密をお見せします。
R+パネルの気密性、断熱性、耐震性を体感し、構造まで考え抜いた、アトリエ建築家のデザインを実感してください。
家の構造を見れば、なぜ快適な家なのか、なぜ丈夫な家なのか、なぜコストが抑えられるのか、全てご納得いただけます。

第3回 寄り道ができるお家~上棟式~

本日、上棟式を迎えることができました。

材料の配置を確認しているところです。

 

材料搬入後、1階には50~60本の柱が着々と並んでいます。

棟上げ完成し、ちらっと屋根が見えています。

これから完成に向けても楽しみです。

第2回 寄り道ができるお家 ~基礎工事~

 久野モデルハウスの建設現場です。

 

更地の状態から、比べると大きさがわかってきます。この後、防湿シートを施工します。

配筋検査の様子

久野モデルは、耐震性能最高等級の等級3のため、普段よりも多くの鉄筋となっています。検査員の方にも、きれいに配筋できているとのお褒めの言葉も。

配筋検査後、コンクリートを打つための型枠の様子。

基礎が完成しました。

次は、土台を据えて上棟を行います。

R+house小田原西では、10月6日(土)10月7日(日)に構造見学会を行います。ご興味がある方は、ぜひ下記のページよりご応募ください。

第1回 寄り道ができるお家 ~コンセプト~

小田原駅から車で7分の久野エリアにモデルハウスを着工中。

コンセプト 「寄り道が出来るお家」

近所の子供や知り合いも気軽に入って来れる、フレンドリーな空気が流れるわが家

R+houseは、アトリエ建築家がデザインした、高気密・高断熱の性能を高めた住宅です。

2020年省エネ義務化を大きく上回るUA値0.47

耐震等級3の長く安心して住める高性能な住宅です。

現場は、久野の落ち着いた住宅街です。

小田原駅や市役所・市立病院にも近く利便性の高いエリアです。