開成町アジサイの里 K様邸~内装進捗 

こんにちは。5月も残り一週間をきりましたね。

昨日は最高気温27度! 本日もなかなかの暑さです!

運動会といえば、昔から10月ですが

ここ数年は5月に運動会が行われる小学校もよく見かけますね。

昨日は、開成町周辺も運動会のオンパレードで

とても賑やかな一日でした!

さて、開成町 K様のお家の内装を少しご紹介します!

システムユニットバス。

壁パネルは石目調の黒系にいたしました。

組石グレーというお色味で、とてもかっこいいです!

続いて、吹き抜け部分。

壁紙を貼る前。

壁紙を貼った後。

窓から見える空がとても気持ちよさそうですね!

キッチン

システムキッチン設備を設置後。

ダイニングのニッチは可動式です。

バック収納。こちらも扉ブラックです。

続いて階段部分。

踏板も床のフローリングと色を合わせています。

床板は、アカシアという無垢フローリング。

階段の壁にはご主人様のご希望された大きな

TVを取り付ける予定です!^^

4人家族のK様邸のお家が完成してきて、

とても嬉しく思います!

またお写真を撮って詳しくご紹介させて頂きますね!

開成町 アジサイの里 K様邸~内装 壁面タイル

こんにちは。

連日異例の真夏日が続いていますね! 

小田原西店でも数日前からエアコンをつけ始めました。

そんな蒸し暑い陽気を吹き飛ばすかのように!今日は色とりどりの

タイルをご紹介します。

こちらは、スマートモザイクシート!

四角形のシンプルな組合せと異なる質感と色味。

リクシル INAX スマートモザイクシート

そして今回、洗面台に使用したタイルはこちらです↓

ベースはマットなブラウン。プルンとした光沢感のあるブラウンタイルと

ザラザラとしたゴールドラメタイルがランダムに入っています。

4色展開

壁と洗面台の間の隙間が左右15mmずつある為、

タイルを納まりよく貼ります。

before

完成!↓


タイルを少し貼るだけでぐっと引き締まります。

見切り材も付けてます。

タイルはシート状になっているので、目地埋めが不要、

簡単な施工で、楽しめる新感覚のモザイクシートです。

高温になるコンロまわりや常時、水のかかる浴室内等以外で

あれば、 様々な部分に使え、少ない面積でも、アクセントで

素敵な空間がつくれます。


大掛かりなイメージのタイル張りですが、フォーム、DIY、 忙しいけど

簡単にお部屋をイメージチェンジしたい方にもおすすめです。

毎日使う水回りのお掃除も

楽しくなりますね!

小さな面積でも楽しめる空間づくりを いかがでしょうか。

(参考写真)

ニッチ

(参考写真)

洗面台水まわり

開成町アジサイの里 K様邸~外装 

こんにちは!

元号が令和に変わり、新たな時代が始まっていますが、

K様邸現場も外装工事が完成しました。

ブラック×グレーの外装!モルタル仕上げです。

外装の色味や素材をいろいろとご検討していただき、とてもかっこいい

外装に仕上がりました!

次回は内装の進捗を投稿していきたいと思います。

開成町 アジサイの里 K様邸~ 換気システム&気密検査

高性能住宅には欠かすことなどできない換気システム!

小田原西店の住宅換気システムは、マーベックスの澄家

DC-Sをお勧めしています。

早朝から換気システムの取付工事を行いました。

取付けたところ。

各部屋の床に小さな排気口が付いていて、

このダクトを通じてお部屋の汚れた空気を

クリーンな空気に入れ替えています。

また外から取り入れた空気は熱交換機によって、

快適な温度を保っていますよ。

また、気密検査も行いました。

R+ハウスでは、全棟 機密検査を実施しています。

C値の数値が低ければ低いほど、隙間が少なく気密のとれたお家になります。



開成町 K様邸では、 C値の数値が0.2とでました!

(以下の試験結果の表で相当隙間面積の項目です)

詳しくお知りになられたい方は、モデルハウスでぜひご体感を!

開成町 あじさいの里 K様邸~上棟~

着工し基礎を始めてから約1カ月後、上棟を迎えました!

一般的には建築物を建てるにあたり、柱や梁などを組み立ててから、屋根の一番上にある梁を取り付けるところまでを指すといわれています。

また上棟は、「棟上げ」や「建前」、「建方」、「建舞」などとも呼ばれていますね。



こちらはダイニングの真上の吹き抜けとなります。足場が渡っていますね。大きさは4.5畳ほどです。

屋根の側面部分です。

天候に恵まれてとても素晴らしい上棟式になりました。

「吹き抜けが大きい家は寒そう!」「冷暖房のランニングコストがかかる!」と思われがちですが、気密+断熱+換気システムが揃った住宅ですと、温度差のないひとつの空間になり性能が高まり快適に過ごせます。

開成町 あじさいの里 K様邸~基礎工事~上棟

こんにちは!

先日、ご紹介した開成町K様邸^^

広々とした閑静な住宅街の一角、53坪の土地です。

ここに、27.8坪のお家を建築します。

K様邸の旦那様は、土地を購入されてから打合せを進める中で、この土地に通って、完成のイメージを高めていらっしゃるそうです! どんな住まいができ上がるか、とても楽しみにしてくださっています。

土地

地鎮祭も無事に終わり着工が始まりました!

遣り方
地鎮祭の前後に行われる「遣り方」(やりかた)は、建物の位置や基礎の高さなどを決めるための作業です。この遣り方を基準にその後の工事が行われるので、とても重要な工程の1つと言えるでしょう。

遣り方

根切り
遣り方が終わると、次に「根切り」が行われます。根切りは、基礎を設けるために地盤面の下を掘削する作業のこと。

捨てコンクリート打設
防湿シートの上から打設される「捨てコンクリート」は、この後行われる基礎の配筋作業の下準備のようなもの。構造的な強度には影響しませんので、水平に打設されてさえいれば問題はありません。

防湿シート施工
地業の後は、防湿シート(ポリエチレンフィルムなど)を施工します。この防湿シートは、家を建てた後に地中の水蒸気が地面から室内に侵入するのを防ぐ役割を果たします。

基礎配筋
基礎配筋とは、基礎コンクリートの骨組みに当たる鉄筋のことです。

主筋、腹筋、あばら筋(スターラップ)などの種類があります。基礎は、建物にかかる荷重や、地震によって水平に生じる力を地盤に逃がす役割を持っており、構造上とても重要なものです。そのため、配筋が終わると監理者によって仕様通りに配筋がなされているかをチェックする「配筋検査」が行われます。

基礎配筋

構造計算をし、地中梁配筋もきちんとやっています。

型枠組み、アンカーボルトの設置

ベースコンクリートがある程度乾いたら、基礎内部の立ち上がり部分の型枠を組む工程に進みます。
職人さんの人数にもよりますが、2~3日で完了する作業です。


型枠組み

基礎立ち上がりの生コン打設

基礎が完成!着工してから基礎が出来るまで約3~4週間くらいの期間がかかります。

次は上棟の作業にとりかかりますよ!

開成町 アジサイの里  K様邸~プランニング

K様邸 プランニング中のご様子!

「建物もシンプルでモダンで かっこいい外観にしたい! 」

「吹き抜けがあって明るくて開放的なお家に住みたい!」

お年頃のお嬢様も「いま住んでいる部屋4.5畳より広~い部屋が欲しい!」など

ヒアリングでは、家族それぞれたくさんのご要望を出して頂きました。

アトリエ建築家の腕も鳴ります!

お客様にも素晴らしい!とお褒めの言葉を頂けました。

皆様はどんな家でどんな風に過ごしたいでしょうか?

家づくりをしていく中で、可能な要望、逆にさまざまな理由で、

どうしても難しくなってしまうものもありますが、お客様から読み取ったヒアリング

をもとにアトリエ建築家は時間を掛けて要望以上の提案を考えてきます。

そこでさらなる気付きを与えてくれるその提案力は素晴らしいものです。

是非たくさんの夢を私どもアールプラスハウス小田原西店に伝えてみてください。

開成町 田舎モダン

以前から 開成町にお住まいのK様邸 4人家族のご紹介です。

お子さまの進学に向けて住居をご検討される中で

「この開成町でずっと暮らしていきたい!」という決意をもって

アールプラスハウス小田原西店にいらっしゃいました。

家づくり勉強会にも参加して頂き、

さらにお家づくりの方向性が固まり、

先日、たくさんの 候補物件の中で、

閑静な住宅街にある土地のご購入!

その場所は、田舎モダンと呼ばれている神奈川の開成町です。

田んぼや畑に囲まれた自然豊かな町ですが、 若い世代の家族層が 急上昇!

開成町周辺には、祭りや観光、美味しい食べ物屋さんも豊富です!

R+house小田原西店舗も、その緩やかな開成町にありますよ^^

http:// https://jimotozine.jp/economy/detail/id=334

アールプラスハウス小田原西店舗では、小田原近郊の土地情報など

地域のつながりから幅広くお客様にご紹介させて頂いております。

もちろん開成町もご紹介できる物件もまだございます!

ご興味ある方、ぜひお気軽にお問い合わせくださいね。

K様のプランニングもこれから 進んでいきます!