開成町 あじさいの里 K様邸~基礎工事~上棟

こんにちは!

先日、ご紹介した開成町K様邸^^

広々とした閑静な住宅街の一角、53坪の土地です。

ここに、27.8坪のお家を建築します。

K様邸の旦那様は、土地を購入されてから打合せを進める中で、この土地に通って、完成のイメージを高めていらっしゃるそうです! どんな住まいができ上がるか、とても楽しみにしてくださっています。

土地

地鎮祭も無事に終わり着工が始まりました!

遣り方
地鎮祭の前後に行われる「遣り方」(やりかた)は、建物の位置や基礎の高さなどを決めるための作業です。この遣り方を基準にその後の工事が行われるので、とても重要な工程の1つと言えるでしょう。

遣り方

根切り
遣り方が終わると、次に「根切り」が行われます。根切りは、基礎を設けるために地盤面の下を掘削する作業のこと。

捨てコンクリート打設
防湿シートの上から打設される「捨てコンクリート」は、この後行われる基礎の配筋作業の下準備のようなもの。構造的な強度には影響しませんので、水平に打設されてさえいれば問題はありません。

防湿シート施工
地業の後は、防湿シート(ポリエチレンフィルムなど)を施工します。この防湿シートは、家を建てた後に地中の水蒸気が地面から室内に侵入するのを防ぐ役割を果たします。

基礎配筋
基礎配筋とは、基礎コンクリートの骨組みに当たる鉄筋のことです。

主筋、腹筋、あばら筋(スターラップ)などの種類があります。基礎は、建物にかかる荷重や、地震によって水平に生じる力を地盤に逃がす役割を持っており、構造上とても重要なものです。そのため、配筋が終わると監理者によって仕様通りに配筋がなされているかをチェックする「配筋検査」が行われます。

基礎配筋

構造計算をし、地中梁配筋もきちんとやっています。

型枠組み、アンカーボルトの設置

ベースコンクリートがある程度乾いたら、基礎内部の立ち上がり部分の型枠を組む工程に進みます。
職人さんの人数にもよりますが、2~3日で完了する作業です。


型枠組み

基礎立ち上がりの生コン打設

基礎が完成!着工してから基礎が出来るまで約3~4週間くらいの期間がかかります。

次は上棟の作業にとりかかりますよ!

M様邸

M様邸。

本日、第1回目の打合せでした!

料理シェフの旦那様と、お洋服好きの奥様。

アトリエ建築家と、生活スタイル、キッチン、趣味、収納、間取り、動線、

予算 etc・・・  お客様とアトリエ建築家がお打ち合わせをしていく中で、

全員に共通する部分があります。それは、家づくりで、自分はそこまでこだわっ

てる部分はない、と思っている方もヒアリングの中で  案外、気づかぬの部分

(個性)がたくさん出てきます。

何を優先するのか、どんな暮らし方をするのかで 自分たちだけのオリジナル

のお家づくりを始めること。

アトリエ建築家はそういう個性=暮らしを引き出すのが旨いんです。

次回はどんなお話が出てくるのか楽しみです。

 

azisainosato 開成町  K様邸~プランニング

K様邸 プランニング中のご様子!

「建物もシンプルでモダンで かっこいい外観にしたい! 」

「吹き抜けがあって明るくて開放的なお家に住みたい!」

お年頃のお嬢様も「いま住んでいる部屋4.5畳より広~い部屋が欲しい!」など

ヒアリングでは、家族それぞれたくさんのご要望を出して頂きました。

アトリエ建築家の腕も鳴ります!

お客様にも素晴らしい!とお褒めの言葉を頂けました。

皆様はどんな家でどんな風に過ごしたいでしょうか?

家づくりをしていく中で、可能な要望、逆にさまざまな理由で、

どうしても難しくなってしまうものもありますが、お客様から読み取ったヒアリング

をもとにアトリエ建築家は時間を掛けて要望以上の提案を考えてきます。

そこでさらなる気付きを与えてくれるその提案力は素晴らしいものです。

是非たくさんの夢を私どもアールプラスハウス小田原西店に伝えてみてください。

第13回 寄り道ができる家~完成見学会~

いよいよ皆様にお披露目の日がやって参りました!

皆さん中に入っていただくと

「わぁ、暖かい!こんなに吹抜があるのに・・・」

高気密高断熱のお家を体験していただきました!

実際にR+houseの家をご覧いただき、感じていただけます。

予約制になっておりますので、是非お問い合わせください!

 

第12回 寄り道ができる家~家具の設置~

モデルハウスに家具が搬入されました。

インテリアコーディネーターが家のコンセプトを伝えて、

ホームステージャーが家具や小物で居住空間を演出してくれます。

『ホームステージング』により、モデルハウスをご覧いただく皆様に

『住まう』イメージをより感じていただけます。

ハンギングチェアも組み立て完了!土間の空間にぴったりです。

今は、クマちゃんが座っていてくれています。

こんな素敵な空間になりました。

第11回 寄り道ができる家~外構~

モデルハウスの内装まで終わり、完成へ近づいてきました。

今回は、外構の砂利敷きについてのブログです。

▪砂利敷き

建物の周りの玄関前や犬走に砂利を敷きました。

砂利を敷くことで、建物への泥跳ねや雑草防止の効果があります。

砂利を敷く前は、泥が基礎や白い外壁に飛び汚れてしまいます。

雑草の生えるのを防止するため、防草シートを施工しています。

その上に、石灰の砂利を敷いていきます。

全体に敷き終わると、

家全体が引き締まった形になり、完成に一歩近づきました。

次は、モデルハウスにイスやテーブルなど家具の搬入セッティングを行う、

ホームステイジングが行われます。

 

モデルハウス見学会の受付を行っています。

下記のバナー先よりお申込みください。

 

第10回 寄り道ができるお家~広々土間リビング~

玄関もお家の大切なひとつの空間。

久野モデルハウスでは、リビングと玄関の間の仕切り壁を無くし

玄関までもが家族の集う広々リビングとなります。

玄関タイル張り作業

下地の接着剤を塗っています。

下地を均らしている過程

下地が仕上がった状態 このあとタイル張りです。

下地のモルタルを塗っています。

完成しました。

鉄骨階段の黒とタイルの黒が特徴的で、空間をしっくりと落ち着かせて

いますね。

吹き抜けや玄関との仕切り壁がないと部屋が寒くないかなと思われがち

ですが、魔法瓶のように気密性断熱性が高い、換気システムで家中の

空気を均等に循環させることができるアールプラスハウスだからこそ

できる快適な間取りといえます。

土間に自転車や椅子、ブランコを置いてみてもいいですし、

外遊びができない日、子供が小さく目が離せない時期も

お外遊びのように遊ぶこともできますね。

快適で安心して過ごせるように暮らしをデザインしていきたいと思います。

第9回 寄り道ができるお家~リビング階段~

アールプラスハウスでは、シャープな鉄骨階段を

リビングに取り入れる間取りは非常に人気のあるスタイルです。

今日の作業は、玄関から入った正面に

鉄骨のストレート階段が取り付けられます。

高さの位置をしっかりと決めて取り付けます。

3人がかりで階段をしっかりと支えます。

段板が無垢素材、ささら(側面)と手摺りが鉄骨となっています。

手摺りの高さは1m10㎝に設置。

しっかりと手摺りを固定しています。

リビングの大きな吹き抜けは、ふわりと浮かぶ円形照明と、

おしゃれにつながるシャープな鉄骨階段で

空間をより一層引き立てています。

天高く広がる開放的な空間を是非、見に来てください。

アロマ教室「ナチュラルお掃除スプレー」

mamaCafé 麻紀子先生をお招きして、アロマ教室2回目を開催しました。

本日は「お掃除スプレー」編です♪

 

●重曹+アロマオイル

●クエン酸+アロマオイル

自然素材を使って、2種類のオリジナルスプレーづくりを進めていきます。

 

 

 

 

たくさんのアロマオイルがありますが、お掃除には柑橘系の香りがおすすめ!!

 

こちらで完成です。

次回は11月21日(水)です!